浜松の未来コーチングアカデミーがコーチングスクールを始める理由

初めまして

浜松のコーチングスクール未来コーチングアカデミーのブログにお立ち寄りいただきありがとうございます

未来コーチングアカデミー講師の鈴木です。

今日は我々が、コーチングスクールを始めたのかのその理由を
お伝えします。

今世界は、大きな変革の時代にはいっていることは実感されて
おられるでしょうか。

その大きな変革の時代に合って、日本があることによって
大きな危機感にあることをご存知ですか?

例えば、会社において今や多くの会社がチャレンジより保身に走って
まるで、レイムダックのような状況になり、しかも、そこから
どうしてよいのかという不安でしかない状態がつづいていることを・・

少子高齢で今の若者にも未来さえみせることができない
大人たちがたくさんいることを・・・

そうなのです、今の日本ははっきり言って、出口がみえない下り坂に
いると感じている人たちが多いのです。

そこに我々がコーチングスクールを始める大きな理由があります。

今日は3つの観点からその理由をお伝えします。

理由1 主体性をもった人材育成をしたい

今の大人のどのくらいの人が、自分のアイデンティティをもって
人生を歩いているのでしょうか。

無責任な評論家ばかりがいて、何かがあったらだれだれの責任
みたいなことをいって、自分のことになったら、なにも言えなく
なったり、大人でも子供でもいじめが当たり前のようなそんな
せちがない世の中が当たり前の時代に

この原因は、依存心にほかなりません。

食べるに困らなくなった時代に入り、だれかがなんとかしてくれる
的なものが蔓延し、自ら奮起して頑張る人材が非常にすくなくなって
いることが、そこまでいかなくても、少なくてもだれかが何とか
してくれるって待っている人が多いのは事実。

この状態を打破するのは、自分で考えて行動する人材育成だと
思っています。それを促すのがコーチングなのだと我々は
知っています。

だから、コーチングをビジネスにして、それで主体的な人材を開発
することがまずは大事だと考えているからです

理由2 自分らしく生きるために

今自分たちが、依存的であるのは、いろいろな要因があると
思います。
・自分自身の問題→しんどいことはしたくない的なこと
・教育問題→これを覚えなさい
・終身雇用など→敷かれたレールの勘違い

こういったものの上に我々は乗っかって生きています。
その中で、ああしたいとかこうしたいって思えることは
たくさんあるはずなのに、できないでいる自分もあり、
そこに、葛藤が芽生えていないでしょうか。

コーチングは、そういった自分のしがらみとか思い込みから
解放し、自分らしさを取り戻すというよりかは、元々
あるものに気づきをしてもらい、そこに意識していただくことで
自分らしくいきるお手伝いをしていくことが必要だと
思っているからです。自分らしく生きるを、いかにもきれいな
イメージでお伝えしているところもございますが、自分らしく
生きるためには権利と義務が生じることもしっかりお伝えして
行きます。

理由3 認定コーチになれた方のプロトレーニング

コーチングが認知されたものの、まだまだ利用度が低い課題が
このコーチングにはございます。

なぜなら、高額であることや、コーチ側の力不足や意識不足など
でせっかくのコーチングがまだまだ認知や定着が十分でありません。

未来コーチングアカデミーでは、認定コーチを取得されておられる
方へプロコーチの研修をご用意しています。

各コーチは持ち味はあるはずです。それを引き出すとともに、
コーチングを通じて主体的人材育成の推進をしていただけるように
メンタルアップとスキルアップ、マーケティングアップをしていただきます。

まとめ

未来コーチングアカデミーは、このようにして、コーチングのすばらしさ
の普及とそれをしっかり活用した明日の日本を作ってくれる人材の育成を
図っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です