コーチングが育てる主体思考とは

コーチングの必要性は、変化対応、問題
解決など何かに対してしっかりと前向き
に行動することとともに自らの道や目標
を定め、その道に向かって進む、能力と
メンタルを構築するためにあるといって
過言ではありません。

それを主体思考と私は呼んでいます
本日は、その主体思考について、コーチ
ングの必要性も絡め3つのポイントでお伝えします。
これを読んでいただければ、主体的に生きたい
方がコーチングの有効性を確認することができ
ると思います。

P1主体的思考は自己肯定感から

日本ではコーチング活用の教育は非常に
必要だといわれています。

第二次世界大戦後、アメリカを見習い、
アメリカにおいつけ、追い越せ。

バブルで一度、日本はアメリカを超えた
などといった夢を語った人がいましたが、
今やアメリカを超えることはできなくなっています。

バブルのころは、日本は今の中国とまっ
たく一緒でした。どれだけ、強くなったといって
もアメリカが買わなければ、やっていけないのが
日本の実力。

でも、それでも、アメリカに追いついた、でも、
ここでアメリカと日本に決定的な違いを作り始めた。

アメリカ、ものを作ることだけでなく、情報を売る
というイノベーションが始まった。いずれにせよ。
日本は単にアメリカのオリジナルを改善するだけ
だったのです。

そして、失われた30年が始まりました。
戦後から約70年、日本の教育の基本は、いわれた
ことをする。知識を暗記することだけやってきま
した。

でも、もうそれが必要ありません。
なくても、検索すれば全部でてくるのです。

この間、世界は、未来を創造するスキルを磨い
ています。目立たず、誰かについていたら、何とか
やってきた時代が、AIなどで、人間がしなくても
よくなったので、その人たちは途方に暮れています。

なにがいいたいかというと、どんな優れた原理や
技術、理論があったとしても、それを活かすこと
価値創造ができなければ全く意味がないのです

アップルが大成功したのはこれです。技術や原理
もあると思いますが、宗ではなくて、価値創造が
できたからこそ、スマートフォンという画期的な
ツールをつくり、今までにない世界変化を作った
のです。

詰め込み教育、言われたことをすれば高評価をする
会社などでのその中で生きてきた人に、自分で何かを
かんがえろといわれても、できません。

彼らにとって変化は怖いものでしかないのです。
つまり、誰かの言葉で従ってきた人間にとって、
自分で考えて、行動することは不安でしかないのです。

だからこそ、彼らがそのような思考で生きていくた
めに必要なのが、自分を信じる力、自己肯定感をま
ず持たせる必要があるのです。そのサポートができ
るのがコーチングであることを知ってほしいのです。

P2情報過多の時代に必要な自己判断

ほりえもんこと堀江さんが2015年の
近大卒業式で語った内容とほぼ一緒です。

今は、情報がたくさん入ってきます。
いままででしたら、テレビ、ラジオ、
マスコミなど人が加工した限られた
情報が入っていた時代が、今は、自分
でいくらでも情報を確認できるし発信
できる時代になったからこそ、自己判
断をしていかなければなりません。

電話線がメインな時代はそのインフラがないアフ
リカなどの人とは情報の格差がありましたが、ネ
ットが確立された今、世界のどこにいても欲しい
情報が手にはいります。

だから、同じ情報を世界がほぼ同時に手に入るのです
しかもほぼ無料で・・・
だからこそ、我々は、創造という力を持つ必要が
あります。

創造していくには、たくさんある情報から必要な
情報を選び、それを信じて創造していくことが大切な
プロセスになります。そのためには自己決断ができな
いとその先に進めません。

コーチングはそれを自分の価値基準を明確にし、判断
する訓練になります。

P3創造は目的達成プロセスを習得すべき

で、必要なのが主体思考だと言いたいので
すが、もう一度主体思考とは、自分が、こ
のたくさんある情報をどう使って、新たな
道を作るか、その思考回路をもっておくこ
とがこれから大事なのです。

だから、たとえば、人生が行き詰まることが
多いと思います。

これでいけると思ったアイデアが、そんなに
長く持続することはありません。

それは誰もがそのビジネスモデルをすぐにまねをして
来るからです。

だからこそ、常に、今ある情報をどう使って新しい
ものを考えるか、これが、皆さんの日常になってきます

だから、言われたことをしてるだけの価値はほぼ0円に
なるかもしれません。

っていうか今ある職業がなくなるといわれています。

言われたことしかやってこなかった人は、困惑だけで
そのあとどうすることもできません。

でも、常に自分でこれからどうしていこうって思考を
身に着けた人だったら、どうしようではなく、すぐに
今ある情報を確認し、何ができるかを思考するのです

ここに絶対差がでてくるのです。

主体思考をトレーニングして身に着けることが非常に
大事ですし、そのためには、誰かと一緒にトレーニング
していく必要があります。

コーチングはそれに最適なある意味教育システムです。

まとめ

主体思考は年齢関係なく、生きていく上で特に、少し
贅沢して、生きるのであれば絶対必要です。

情報化社会、グローバルはある意味平等なのです。

ここでの平等とは、年齢とか身体に障害あることも
まったく関係なく平等にしてくれます。

これはある意味過酷かもしれないのです。

主体思考をトレーニングするコーチングをぜひ
取り入れてください。

ただいま、個別無料セッションが受け付けています
お問い合わせに無料個別セッション希望といって
お送りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です