コーチングで瞬間湯沸かし器感情を軽減する方法

皆さんはいきなり、身に覚えのないことで
怒られたり、批判されたり、または
歩いていきなりぶつかれて、文句言われたり
そんなご経験はありませんか?

あなたはこんな時に瞬間湯沸かし器になる
タイプですか?

先日も地下鉄で乗っていると後から乗ってきた
男の人が、座っている人の間に座って足を組ん
だのですが、それが隣の人の足に当たったのです。

当然、隣の人は、痛いといったのですが、その
後から座ってきた人が、「なんじゃ」とすごんで
いるのを目の前で見てしまいました。

隣の人は、痛いからいったまでといっているにも
関わらずその男の人は、すごんでばかり。

あなたならどうしますか?

コーチングを用いると、こういった課題にも対応
が可能となります。

では3つの点からお伝えしたいと思います。

コーチング活用1瞬間湯沸かし器人から身を守る方法

誰でもが、そういったすごむ人、誰もがその人の
ほうが悪いはずなのに、腹が立ったということで
すごむ人たち、たまには暴力をする人もそうでしょう。

最近では「あおり運転」も話題ではないでしょうか?

では、コーチングをどう活用するか

相手ありきの話のように思いがちですが、自分次第で
回避もできますし、対応もできます。

回避する方法・・彼らのけしかけに乗らないこと。
簡単にいえば相手しないことです。
彼らは、相手が反応してくれることがある意味うれしい?

反応したことをいいがかりをつけようとしているのですから
できるだけ、反応しないことが大事です。

コーチングとどんな関係が、コーチングの中の自己基盤力が
非常に有効になります。

他人に反応するのは、他人を評価している場合が多いのです。

自己基盤が強い人。たとえばボクサーや空手家は、絶対に
そんな言いがかりに乗せられません。

自己基盤がある人はそのこと自体が、重要なことと認識しない
からです。

子供のいじめもそうですが、いじめるほうは相手が反応すれば
するほど、かさにかかってきます。

だから、基本は相手にしない。

それが非常に有効なのです。

コーチング活用2瞬間湯沸かし器人から身を守る方法2

それでも相手が仕掛けてきた場合はどうするか
一番は逃げるが勝ちです。

相手しない、逃げるが勝ち。

自分にとってそれはさして重要ではないことで
あれば、その場を離れるのが得策です。

反応してしまいますと、相手の思うつぼです。
反応しないでその場を立ち去る。

そのためには相手のペースにのらない。
そのためには自己基盤をしっかりもつ
ことが大事なのです。

コーチング活用3瞬間湯沸かし器人にならない自分をつくる

逆に自分が瞬間湯沸かし器人にならないのも
非常に大切です。

すごむなということではありませんが、
すごむんであればここぞというときにして
ほしい。

冷静に対処できる人間になることは、
これからの時代大切です。

あおり運転も、自分がやらないとは保証でき
ません。だからこそ、日ごろからのトレーニング
が必要です。

人間は他人の目を気にし、他人の評価をあてに
しがちです。

でも、答えは結局自分次第!

その気持ちをしっかりと持つことで、もし
誰かがぶつかってきたにしても、何らかの
原因あってのことと思えば腹も立ちません。

仮に、見え見えの姑息な人がいたとしても
いいじゃないですか。

自分には関係ないと思えばです。

逃げ隠れするのかと批判されるかもしれませんが
でも、究極はそうすることだということです。

自分の一時的満足を満たすための行動はかえって
痛い目にあいます。

どういうことであれ冷静に考えた戦略で
対処してください。

たとえば、何かしら腹が立つ事例があって、
しつこければ、動画を撮影する。

あとで、警察にみせる。

言った言わないの話し合いにさせずに、
しっかり詰めて詰めてというてだってあるわけです。

結果的には法律もあるのですから。

コーチングは、自己基盤を強化し維持するには
大切なものです。

まとめ

世の中確かに理不尽なことだらけかもしれません。
でも、大事なのは振り回されないことです。

そのためにも自分の内面で生きることがこれからは
非常に大事な時代になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です