失敗で止まった行動を始めるコーチングセッション法

皆さんは、なにかに失敗してあきらめたことが
ありますか。

もし、その苦しい時にこのセッションを受けて
いたら、また、大きく変わった世界にいるかも
しれませんね。

今日は、チャレンジしてうまくいっていない人
が諦めないで、そのチャレンジを継続できる
またはいったんとまったチャレンジを再開できる
コーチングセッション法を1つお伝えします。

失敗認識パラダイムをエネルギーパラダイムに変えるコーチングセッション

大概、資金的ショートによりとか
赤字が何か月継続して意欲がなくなって
あきらめ失敗が大方かと思います。

では、コーチングセッションで、この状況から
チャレンジを再開してもらうコーチングセッション
を行います。

  • この場合のポイントは、失敗で行動を止める
    原因を確認すること
  • 失敗した責任所在の確認
  • 失敗の分析行動の確認
  • 失敗の課題について
  • その中でも成果を出したことを書き出す
  • ここまで考えてどう感じるか

うまくいっていないから行動を止めている原因ってなに?
失敗した責任はどこにある。自分。その責任ってその課題にあるのではないか?
失敗の原因はなに?
そもそもその課題とは?
ここまでやってきて出した成果って
こうして考えてこれをあきらめるの

まとめ

失敗とはなんですか
あきらめることですか
それとも、そこを乗り越えて失敗を成功に変える

多くが失敗であきらめる
でも、そこからが、本当の力を試すとき

あきらめては終わり

そのことが本当にしたいのであれば、
あきらめずにまたチャレンジすることが大事

ぜひ、こんな状況の時にこそ、コーチングで
パラダイムを変えて勇気に変えることも大事です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です