コーチングが役立つ、役立たないは本人次第

セルフコーチング浜松コーチングスクールコーチングは、思い込みをはずし、客観的に自分の
感情に素直に向き合い、可能性に対して前向きに
行動ができるようにそして、目標が早く実現できる
ように、自分の心を整理してくれる方法です。

世の中的にその効果は、賛否ございます。
コーチングの効果について2つのポイントでお話します。

1、コーチングが役立たない場合

コーチングの一番の効果が上がることは、
クライアントが、その気になり、行動を
はじめることで、効果があがりますが、
実際は効果が上がらない場合も結構ござ
います。

そのポイントはさらに二つに分かれます。

①クライアントの本当の決心ができないとき

セッション中は、その気になったクライアントも
いざ一人になると、躊躇してしまい、次回のセッ
ションでは、行動できなかったことを伝えられる
場合がございます。その時に彼らの多くが、
なんらの致し方ない理由を前に出してきます。

この時に、コーチがするべきことは、クライアン
トに対して、責めないことです。
コーチングで成果を出す出さないのはクライアン
トであることから、重圧をかけることは、決心
さえも壊しかねません。

我々は、彼らが、本当に行動を始めるまで、
「信じて、待つ」必要があります。

もう一つ大切なことは、コーチが何かしてくれる
期待は持たせないことです。

クライアントはコーチを信頼すると、頼りに
してくれるのですが、行き過ぎると依存になります。
コーチの許可がないと動けなくなるのは、それは
主体的になっていません。

あくまで、自分が動く必要があることだけは、
意識させる必要があります。

だからこそ、目標設定の際に、目標の理由をクライ
アントとともに必ず明確にしておくことが必要です。

②コーチ自身が大丈夫か

コーチングが役立たないもう一つの原因に
コーチが大丈夫かということが往々にあります。

コーチにもレベルがあるのですが、彼らの中に
クライアントへ向かう姿勢。コーチとしての姿勢
が、素人の方が多いのです。

コーチになるきっかけの多くが、自分のメンタル
の課題からスタートさせる人が結構いらっしゃいます。

彼ら自身が、コーチとしてしっかりした自己基盤、
少なくとも、クライアントの支えになれる技能と
自信をもっているかによって、コーチングが
役立たないことがあります。

コーチングの基本的解釈として、サポートビジネス
ではなくリーディングビジネスであるという認識を
持っているかが大切になってきます。

2、コーチングが役立つとき

これは意外に簡単です。

最近のセッションでこんなセッションができました。

A
コーチ、今日のテーマは○○について
お願いしたいと思っています。
どうもしっかりこなくて、その原因を
しっかりと追求したいと思います。
代表鈴木氏
代表鈴木氏
了解いたしました。セッションでその原因が
明確になるように頑張っていきましょう。しっかりと支えていきます

……中略‥‥‥‥

A
あ、わかりました。これ、私の決心が少し弱かったのかと納得いきました。原因がわかったので、自分でしっかり対応していきたいと思います。ありがとうございます

何気ないセッションですが、ここではセッションが
役立つ大きなポイントがあります。

それは・・

先ほどとは逆で、コーチもクライアントも自己基盤が
しっかりしているということです。もたれあわず、
それでも共通の課題にセッションしていくことで、
課題が共通認識によって明確になり、そのあとは
クライアントが自分で、解決するというコミットを
簡単にしているという点です。

まとめ

コーチングは結局コーチ尾クライアントもしっかり
自立したメンタルを備えておくことで、コーチング
が役立ってくるのです。

せめてコーチは自己基盤をしっかり持ってセッショ
ンに臨むことは、自分がコーチングでプロである
認識をもっているかどうかだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です