人間関係トラブルのもとを解決できる2つのコミュニケーション能力

どうして、人間関係にトラブルが多いのか
基本的人間としての信頼がない方などのトラブル以外の
トラブルは、大方コミュニケーションがたりないのが
原因です。

今日は解決できる2つのコミュニケーション能力をお伝えします。

1、聴くを主体にしたコミュニケーション

一番のトラブルは、主張のぶつけ合いです。だんだん感情が高ぶって、
ロジックにそんなに差がない者同士が感情がさきに立ってコミュニケーション
がなりたたないことが多いのです。

コミュニケーションがうまい人は、先に相手の話を聴く。
これを率先します。

この方法が片一方のエネルギーを減らしますとともに
聴いてくれたから今度は自分が聴く番というように
なるので、互いが感情なく相手の話を聴くことができ
よいコミュニケーションができます。

2、相手を肯定するコミュニケーション

相手を押さえつけるとかではなく、相手をみとめることから
はじめるコミュニケーションは非常に雰囲気よいコミュニケーション
ができるようになります。

誰だって褒められるのはうれしい、承認欲求をみたすことで
相手も心を開き、相手もこちらの承認を認めてくれたら、
人間関係に好影響となるのです。

まとめ

人間関係にコミュニケーションは大切
しかも、それにあはスキルが存在します。

コーチングもその一つ。

一度未来コーチングアカデミーでコーチング
を学んでみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です