根性論では自信は生まれない

私はコーチングスクールを立ち上げる前に
ミッションステートメントというものを書きました。

これはどういものかと言うと自分自身の原理原則です。

自分らしいと感じること
本当にやりたいことなど

それに沿ってどういう風に人生を歩んでいったらいいのかを決めるものです。

実はここを決めると現在どんなことをしたらいいのかが見えてきて行動力もアップしていきます。

自分のゴールと役割を決め、そこに向かうと決心をすることが
非常に大事なのです。

コーチングでも同じです。
ゴールがないのにどういう風にやっていけばいいのかわからないですし決心ができていないから気持ちが揺らいでしまうのです。

ミッションステートメントは「7つの習慣」という書籍の中に出てくるのですが
その書籍の中でこんなこがかいてあります。

「人生の中で大切な役割を念頭に置いてミッションを書くと、生活にバランスと調和が生まれる。それぞれの役割をいつでも明確に意識することができる。」

ミッションステートメントは家族・仕事などそれぞれについての役割を書くことが大事で
これは繰り返し何度も書いてより明確にしていくことが大切です。

私はミッションステートメントを書くときにすごく悩みました。
なぜなら考えていないことが多すぎたからです。

これが決まるとどのように人生歩んでいったらいいのか大切にするものや役割などが決まり
自分らしい人生を歩めるきっかけになります。

ミッションステートメントを書いたことによって自信というのは根性論ではないと気づきました。

自分のゴール、役割、そして「自分はこうする」と決心したことで
自信が生まれるのです。

一度書いてみるとわかります。
大事なことなのでぜひ書いてみてください。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です