他者との比較は成長の妨げである!〇〇に集中しろ

誰かに負けたくないから頑張る、
ライバルと言える人がいるから頑張れる。

仕事、スポーツ、勉強、部活動などいろいろな分野で人と競う場面が多いですよね。

私は中学・高校で野球部に所属していました。

やたらと人数が多い部活で50~60人はいたと思います。

 

その中でレギュラーを目指すとなるとレギュラー枠は9人

この中に入らないとレギュラーにはなれません。

蹴落とし合いの日々でした。

その経験から社会人になってからも人と競う意識みたいなものが
自分の中で当たり前になり、あの人よりは勝ってる、あるいは負けているそんな比較をすることがよくありました。

皆さんもそんな経験ありませんか?

他人との比較はしないほうがいいのです。
何で?って思った方も多いと思いますので、その理由については、

他者との比較は、どんなに自分が頑張っても他者のほうが大きく見えてしまい、自信をなくしてしまうからです。

他人ばかりに目を向けていることにより、自分を見失っている状態です。

これでは成長の妨げになってしまうのです。

大リーグで活躍されたイチロー選手は

「比較対象は常に自分であること」

と言っています。

他人ではなく自分に目を向けることです。

最近読んだ本にもこんなことが書かれていました。
他人と比較・・散漫になり
自分と比較・・集中できる

つまり他者と比べるのではなく
昨日までの自分と比較することが成長していくためには必要です。

昨日までの自分よりこれだけ前進したとうことがわかれば
もっと自分から行動しようとします。

もちろん前進しないこともあります。
または後退してしまうこともあります。

そういうことを繰り返しながら一歩ずつ進んでいけば
驚くほど成長している自分に気がつきます。

まずは他人との比較をやめ、自分の目標やありたい姿に
目を向ける習慣をつけてみてください。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です