結果に重んじている人は大切なものを見落としている

今日は結果とプロセスについてお話しします。

結果とプロセス、どちらを重視すべきだと思いますか?

私はプロセスを重視すべきだと思います。

その理由は二つあります。

 

 

一つ目の理由は結果はコントロールできないからです。

プロセスには何種類もの手段があって、結果に重んじてしまうと
ここに気づかないんです。

例えばスポーツで優勝するという目標も、優勝することはコントロールできない部分です。
しかしそこに至るまでのプロセスは、技術の向上、メンタル強化、コーチの派遣、チームワーク、戦略など
たくさんあります。

結果はやってみないとわからないですが、結果を出すためのプロセスは自分たちでコントロールが可能です。
自分たちができるところは何種類かの手段を試すこと、それにより結果が変わってきます。

いろんな経験をしておくことで何かあった場合に応用がきくようになるのです。

もう一つは、結果ばかり目を向けていると問題点や改善点を探すことができないことです。

スポーツでは特に大事です。

例えば、勝ったとき。「勝ったんだから良かったじゃん」で終わってしまうと問題点や改善点を無視してしまうことになります。

「結果オーライ」の状態です。

これでは、大切なことに気づかずに終わってしまうのです。
つまり結果を重視している人は問題点や改善点に気づかず同じ失敗を繰り返し、なかなか成長していきません。

結果は天に任せるくらいの気持ちで十分です。

スポーツの例を挙げてきましたが仕事や勉強などでも同じです。

結果ではなくプロセスを重視していろいろ試して結果につなげていきましょう。

以上の二つの理由から結果ではなくプロセスを重視しましょうというお話しでした。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です