君はこれからも何度もつまづく。でもその度に立ち直る強さも持っているんだよ

「君はこれからも何度もつまづく。でもその度に立ち直る強さも持っているんだよ」
私の好きな言葉です。

これはアニメ「ドラえもん」未来ののび太から今ののび太へのメッセージです。

新型コロナウイルスの影響で高校野球の夏の大会中止が決まりましたが、今日静岡県は独自の大会開催を表明しました。

本当に選手たちはここまで頑張ってきて何で中止になるの?という気持ちだったと思います。

しかし、また違った形で開催されることになり練習再開したチームも多いみたいです。

野球に限らずですが部活動をする意味は大会の結果だけではないですよね。

部活動にどれだけ真剣に向き合い試合や練習に取り組めたか、つらいことも乗り越えてこれたかこれが大事だと思います。

その先に勝ち負けや個人の成績があるのだと思います。だから中止になったからと言ってこの三年間が無駄ではなかったということです。

また違った形でこの経験が生かされることだってあります。
独自の大会もそうですが、これから社会に出ていろんな挑戦をするときにも野球部の経験は必ず生きてきます。

部活を含め、高校生活では、これから社会に出てうまいこといくように学ぶのではない、すべてがうまくいくことなんてないです。つまづいた時に立ち直ってもう一度挑戦する、またつまづいたら何度でも何度でも挑戦できる力を身に付けることだと思うんです。

私もつまづいたときには高校野球で学んだことを思い出しています。
あの時比べたらたいしたことない。

そうやって立ち直れる力になっているのです。

もし部活動の部員を持つ親御さんが読んでいましたらこのことをお子さんに伝えてあげてください。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です