資格を取りたいのになかなか取りに行けないのはなぜ?

やろうと持っているのになかなかできないことってありませんか?皆さんもそんなことそんなこと一度はありますよね。

例えば、何か仕事で活かせる資格を自ら取ろうと思っているけどできていない、旅行でこんなところ行ってみたいんだけれど行けていない。など

頭ではやってみようと思っているけど実際にはできていないことって意外と多いのではないでしょうか。

その理由は意外とシンプルで行動することへのストレスなんですね。

やろうと思ったら必ず行動しなければできないことなので現状を変えないといけないんです。現状を変えることって脳にとっては非常にストレスを感じるそうです。

人は現状維持をして生きていきたい、危険なことは避けたいと自然と感じてしまうものです。

なので何かをやろうと思って行動を起こそうとしても脳が自然とブレーキをかけて自分を守ろうとしているのです。特に大きな変化のときは余計にそう感じてしまいます。

でも大丈夫、その対策として2つあります。

1つは小さな行動を起こすことです。

いきなり大きな行動を起こすのではなく小さな行動を起こすこと、資格のために勉強したいのならいきなり1時間勉強を始めるのではなく本を買って10分だけ読んでみるという小さい行動から始めてみることです。それなら大きな変化を避けてストレスなく始められます。

2つ目は楽しめる目標をつくることです。

楽しいことはすぐにでもやりたいですし続けていきたいと思います。資格を取ることで仕事でどのように活かすことができているのかワクワクできるイメージをして脳を快の状態にしてしまえばこれは楽しいことだと錯覚し行動に繫がっていきます。

文章や絵にかいてみるのも良いでしょう。

私はよくノートに書いています。

このようにストレスをなくして楽しめるものにすれば必ず行動に移すことができます。

ぜひ実践してみてください。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です