「怒る」と「叱る」をはき違えるな!

『「怒る」と「叱る」をはき違えるな!』
これはプロ野球のノムさんが言っていた言葉です。

私は怒ると叱るって同じ意味だと思っていました。
寝ると眠るみたいな!(笑)

でも全然違うのだそうです!
ノムさんが言うには、怒るは感情の爆発だと言っています。
自分の感情を相手に爆発させているだけだから何も相手のためにならない。

でも叱るは、相手のためを思った愛情のある行為です。
相手を成長させるためには怒るのではなく叱ってあげるのが良いと言っていました。

では愛情をもって叱るとはどんな方法かと言うと、理論的に言ってあげることだそうです。

例えば、仕事でミスをした人に叱るなら、今のは〇〇が原因だよな?もっと△△すれば良かったんじゃないか?みたいな感じ!

こうやって叱れば、次はこうすればミスしないってことが相手にもわかるはずです。

私もよく娘に感情的に怒ってしまったことが多かったのでしっかり愛情を持って叱ってあげようと思いました!

皆さんも何かミスしたときに感情的に怒っていませんか?
怒るではなく叱るを意識してやってみましょう!

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です