私が長年悩んでいた「緊張しやすい原因」はたぶんこの2つだ!

緊張しやすい人には2つの原因があるとわかったので今日はそれについてお伝えします。

緊張ってこんなことが原因だったのかと気づくきっかけになるかと思ます。

セッションやセミナーで人に何かを伝える場面、あるいは仕事で大事なプレゼンを任されたときなど、緊張する場面て意外と多くないですか?

私もコーチとして活動を始めたばかりのころはとにかく緊張しやすかったです。心臓がバクバクしたり、足がぶるぶる震えたり、声が震えて出せなかったり、いろいろありました。

緊張するとパフォーマンスにも影響が出てしまいますし、何より緊張しているその瞬間てあまりいい気分ではないですよね!笑

それにはこんな原因があったんです。

緊張してしまう原因は
「いい結果が出せるか不安」
「人から変なふうに見られたら嫌だ」

この2つのところからきています。

意外とシンプルですよね。

その背景には、
「たくさん練習してきたのだからいい結果を出したい」
「人からよく見られたいけど、何か嫌なことを言ってしまったら嫌われてしまうんじゃないか?」

そう思って緊張というのは訪れます。

でも緊張はある方法で軽くすることができます。

あがり症だからとか生まれつきだからしょうがないと諦めている方がいたら、ぜひその方法を実践してみませんか?

私がセミナーやセッションの前に実践している3つの方法について無料セッションでお伝えしていますので興味がある方は受けてみてください。

無料セッションお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です