娘から「パパ大好き」って言われる私の子育て

昨日4歳の娘から「パパ大好き」って言われて泣きそうになりました(笑)

娘にとって私は良い父親になれているみたいで安心しました。

そこで本日は私が子育て、教育で心がけていることについてお話をしていきたいと思います。

子どもと接するときには絶対にこうするというのが2つあって1つは子どもの話を最後まで否定せずに聞いてあげるということです。

4歳になれば親子で普通に会話ができるようになるのですごく自分から話してくれるようになります。

なのでしっかり最後まで聞いてあげることを心がけています。途中で私が発言したりせずに何を言ってもとにかく最後まで聞いてあげることです。

間違ったことを言っているかもしれないけどそこは絶対に口を挟まない、否定的なことを言わないことを私は決めています。

そうすると何でも話してくれるようになり親子の会話が増えていきます。

会話が増えると信頼関係の構築や安心感が得られるので非常に大事だと思います。

そして2つ目はチャレンジしようと思ったことには全力で応援することです。

とにかくあれもこれもやってみたい、という年齢ですのでやりたいと思ったことには全力で応援することをしています。

途中でやめてしまいそうになっても「大丈夫、できるよ!」と声をかけたりしてやる気を出させたりもしています。

自分ではできなかったことでも親といっしょにやればできることもあるので、できたら「ほら、できるでしょ?」って感じで自信を持たせてあげたりもしています。

子どもの自信も大きくなっていくので私は最初から諦めさせるのではなく何でもできるように応援してあげるようにしています。

他にもいろんなことがあるのだと思いますが、私が意識して絶対にこうするというものが以上の2つです。

1.子どもの話を最後まで否定せずに聞いてあげる
2.チャレンジしようと思ったことには全力で応援する

実はこのふたつはコーチングスキルです。

コーチングを学ぶとこういうことが自然と身についていきますので子育てには非常に効果的だと思います。

興味のある方はぜひ未来コーチングアカデミーの講座を受けに来てください。
開催リクエスト、オンライン希望などできますのでお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です