自己紹介に自慢話はいらない!弱みを見せよう

自分を魅力的に見せるにはどうしたらいいのか?という質問を最近よくいただきます。

プロフィールや自己紹介などで自分のことを伝えるときにはやっぱり相手に魅力的に見えた方がいいですよね。

コーチングは形のないものを売るビジネスなのでコーチ自身に興味を持って依頼してくるためプロフィールや自己紹介は非常に重要になってきます。

そこで自分の良いところばかり書かなきゃいけないと思う方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。

なぜなら、いいことばかり書いていると自慢話に聞こえてくるからです。

例えば、私は〇〇会社でトップの成績で人間関係も良く上司から信頼されていました。そして研修でコーチングに出会いコーチとして活動も始め一ヶ月で〇〇名のコーチングをさせてもらいました。

こんな感じです。
ちょっと自慢話に聞こえてしまいますよね。

だからいいことばかり伝えなくていいんです。

ポイントはマイナスからプラスです。

最初はできなかったけどどのようにして現在できるようになったのか?

それを伝えることで共感をしてもらいやすくなりますしこの人だったら自分の悩みを解決してくれそうだと感じてもらいやすくなるのです。

弱みはどんどん見せていき、それをどのように克服してきたかを伝えることが大切です。

プロフィールや自己紹介のときにはぜひこの方法を使ってみてください。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です