一歩踏み出せないのは大きな一歩を踏み出そうとしているから

「一歩踏み出せない」
何か新しいことにチャレンジしたいけど最初の一歩が踏み出せずに何カ月もたってしまったなんてことありませんか?

よくあるのは、年末に新年になったら絶対にこれをやると決めていて結局半年たってもやっていないなんて話をよく聞きます。

実は私もそうだったんです(笑)

チャレンジをすると決めて結局年が明けてもやらずに何か月か過ぎ、一年経ってしまい、最終的にそれをやろうと決めたことすら忘れている・・こんな自分でした。

でもコーチングでいろんな方をサポートしていく中でそんなコーチには誰もついていきたくないですよね?

できればガンガン行動して結果を出しているコーチにコーチングしてもらいたいと思うのは当然です。

私も自分で決めたことにはしっかり実行しなければいけないと思い、決めたことはちゃんとチャレンジをしようと努力しました。

しかし、最初からそんなにうまくいくわけではありません。

意識を変えるには努力が必要です。

何も行動できなかった人が次の日にスーパーマンみたいになることは難しいんです。

野球を始めた人が練習で一日1000本素振りしろって難しいじゃないですか?それがたとえできたとしても、次の日にまたやろうとも思えないですよね。

でも最初は50本から始めてみて、一週間で100本までできるようになって一ヶ月で200本までできるようになっていたら一年後には1000本行けそうじゃないですか?

最初から一気に行こうなんて無理なんです。

だからコーチングではロードマップを作るんですね。

ゴールまで行くためにどのような道のりでいくべきなのかという道標のようなものです。

それを作ることで、なんかいけそうな気がするという自信も湧いてきますし、いきなり大きいことをするわけではなく誰にでも取りかかれるくらいの小さなステップなのでストレスなく最初の一歩を踏み出せるんです。

最初の一歩が踏み出せないという人は大きなステップを踏み出そうとしているから一歩すら踏み出せずに終わってしまうんです。

最初の一歩はめちゃくちゃ小さな一歩でいいので自分のできる最小限のことから始めてみてください。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です