コーチングセッションがただ聞くだけになってしまう人の共通点

今回はコーチングセッションに関してたまにいただくご質問にお答えしていきたいと思います。

この間ある方からこんな質問がありました。

「コーチングセッションで相手が話しすぎて話すだけで終わってしまうんですが・・」

話を聞くだけではコーチングとは言えませんね。コーチングは相手からいろんなものを引き出し、気づきを与えたり、コーチからの発言によって学ばせたりするものです。

話を聞くだけというのもコーチングは前提として大事なスキルなのですが聞くだけではダメなんですね。

これはコーチングビジネスをやっている方以外の方からいただく意外と多い相談なんです。プロコーチの方はあまり直面しない問題なんですよね。

相談してきた人たちに問題がどこにあったのかを聞いてみると共通点があることがわかったんです。

それは、時間設定ゴール設定ができていなかったことです。

ここを決めずにいきなり、相手からいろいろ引き出そうとして質問したりしているからお互いに何のためにセッションをしているのかわからなくなってしまいお互いに迷走して何も得られずに終わってしまうんですね。

30分なら30分!そうやって時間をしっかり決めておくこととこのセッションで何が得られたらいいのかを最初に決めておくべきです。

プロコーチであれば必ずここはしっかり実施するところなんですがコーチングを導入したいコンサルタントの方などもコーチングの基本を思い出していただき実施すれば改善されていきますので、ぜひやってみてください。

 

代表 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です